富士市の工務店「空間工房LOHAS」は住むほどに健康になる木の家を注文住宅でご提案しています。静岡でパッシブハウスを建てたい、高気密高断熱と心地よい家をご検討の方はモデルルームがある弊社までご来場ください。

おしゃれでモダンな平屋で暮らす|外観や間取りの実例選ぶポイントを解説

WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -

最近注目の平屋を「おしゃれでモダン建てたい」と考える方が増えています。外観や内装など自分好みのスタイリッシュな家は、心地よく快適に暮らせるはずです。今回は、おしゃれでモダンな平屋のメリットや実現するためのポイントやデザイン、間取りの実例、選び方、施工事例をご紹介。ぜひ参考にしてください。

平屋ってどんな住宅?メリットデメリットも

平屋とはワンフロアに、LDK、寝室、浴室などの生活空間をつくること。

日本家屋の代表的な住宅でもありますが、近年デザイナーズハウスとして人気があります。

平屋にはメリットが多く、使い勝手も良いのが特徴。2階建てや3階建てとはまた違う魅力が多いです。設備を充実させれば、2世帯住宅も可能。ただしデメリットもあるため、知っておくことで対策ができます。

平屋のメリット

平屋は1階部分にすべての生活動線をつくるため、コンパクトで暮らしやすいと人気があります。

とくにバリアフリー性があるのは、ライフスタイルに合わせた平屋のプランを考えられるので良い点。

基本的に階段がないので、お子様の落下を防げます。また、年齢を重ねて体力が衰えた場合でも、階段の昇り降りで苦労しなくてすみます。フラットな空間は、高齢の方の移動がしやすく、転倒防止にもなるのです。

平屋のメリット

・バリアフリーにしやすいので、介護が安心してでき、子どもを育てやすい

・ワンフロアにすべての生活環境が整うので、便利に移動しやすく家事動線がスムーズ

・同じフロアで食事を囲めるので、家族との程よい距離感がある

・勾配天井や吹き抜けを利用して、開放的な空間をつくれる

・洗濯物は階段を昇って二階に行く必要がなく効率的

・デザイン性にすぐれている

・地震や台風に強いといわれる

・コンパクトで無駄のない生活空間で暮らせる

平屋のデメリットと対策

一方、平屋にはデメリットもあります。注意点を知っておくことで、施工会社に相談ができ対策ができます。

平屋のデメリット 対策
・ 2階建てよりも収納を確保するのが難しい ・  ロフトやスキップフロア、小上がりや間取りの配置で工夫ができる
・広い敷地面積が必要で、基礎も大きくとるため価格が高い ・  予算内におさまるように、意識して計画を立てる

・  補助金が申請できる場合がある

・日光が当たりにくい ・  中庭や吹き抜けを設ける
・風通しが悪くなる可能性も ・  中庭や高い位置に窓を設置
・  防犯面の対策が必要 ・  目隠しフェンスや重厚なガラスなどの防犯窓の設置

モダンでおしゃれな平屋の特徴は?

モダンでおしゃれな平屋には、いくつかの種類があります。

事前に自分の理想のイメージを膨らませておくと、スムーズにプランニングできますよ。

ここからは、代表的なモダンデザインの種類をご解説していきます。

ナチュラルモダン

内装に天然木を取り入れ、温かみのある空間に仕上げたのがナチュラルモダンです。

白やアイボリーを基調とした空間は、スタイリッシュで落ち着く場所。

漆喰や塗り壁も人気が高く、カフェのようにリラックスできます。

ナチュラルモダンなスタイルは、その心地よさゆえ子育て世代にも人気があります。

カーテンや建具、タイルなどインテリアも合わせてナチュラルテイストを選べば、家全体に統一感がでて、おしゃれになります。

シンプルモダン

シンプルモダンの家は、内装の色を白、黒、グレーのようにモノトーンカラーを基調としています。

スッキリとしてかっこいい空間が広がります。

素材感も重要なポイント。無機質な素材や、インダストリアルな素材は、シンプルモダンにベストマッチします。

インテリアも、シンプルで洗練されたものを検討するとよいです。

クールなシンプルモダンの家は、スタイリッシュに暮らしたい方におすすめです。

和モダン

平屋といえば、日本家屋のイメージがある方も多いのではないでしょうか。

和モダンは、日本家屋の意味合いとは少し違います。和風の要素を取り入れたモダンテイストの注文住宅が「和モダン」です。

天然木のドア、漆の雰囲気、畳を敷いた和室など、日本らしい感じのテイストを取り込みながらも、スタイリッシュなデザインで仕上げます。

内装は落ち着いたカラーを基本にすると趣がでます。畳の和室は、くつろぎやすくゆったりと過ごせるのも魅力です。

和モダンは、広い世代に人気があります。

おしゃれでモダンな平屋にするポイント

テイストに合わせて、シンプルモダンな平屋をつくるには、どのようにしたらよいのでしょうか。ここからは、おしゃれな平屋になるためにおさえておきたいポイントをご紹介します。

外観にこだわる

外壁や屋根、玄関など平屋の外観は、お客様が最初に目にする大切な部分です。

基本的に内装のテイストと合わせるとバランスの良いおしゃれな住宅になります。

外観のどのような部分にこだわったらよいのでしょうか。

屋根の形

平屋の屋根は、勾配のある片流れにするのがおすすめです。勾配天井は、高さがあるのでシャープな印象の外観に仕上がります。

屋根を勾配天井にすることで、室内には光が入り、明るい空間が大きくなるので一石二鳥。

小屋裏収納スペースも確保しやすくなります。

外壁の素材

外壁は、和モダン、ナチュラルモダン、シンプルモダンに合わせてテイストを決めるのがおすすめ。

シンプルモダンテイストなら、金属の風合いのガルバリウムを使用して無機質な素材に。

ナチュラルモダンテイストなら、白やアイボリーを基調としたカラーを外壁に、自然素材を玄関ドアやルーバーなどに取り入れるとよいですよ。和モダンテイストにするなら、全体的に落ち着いたカラーづかいがおすすめです。

外壁は、色の選び方で印象が大きく変わります。

施工実例やモデルハウスを見学するなど、実際に建築した際のイメージを膨らませておきましょう。

外構

平屋は構造上の制約がないため、建物の形は自由度が高いのが特徴。

長方形だけではなく、コの字型、L字型、ロの字型などバリエーションが豊富です。そのため、外構にもこだわることができます。

庭にシンボルツリーやガーデニングや、ウッドデッキを設けてテラスをつくってもよいでしょう。

プライバシーの保護のための目隠しフェンスをつくる場合は、家づくりのテイストに合わせて、木の素材や金属素材などを選びましょう。外観の雰囲気のアクセントになります。

内装に世界観を

内装には自分のイメージする世界観をつくりましょう。

壁紙や床材、天井などの色や素材は、テイストに合わせたものを選ぶとよいです。

色数はあまり多くのものを使用せず、3色以内に絞り込むとバランスがよくなります。

照明も工夫しましょう。平屋の場合は、天井に埋め込み式のダウンライトを使用するとその分空間がスッキリとします。

メインの照明の種類は、電球の色やデザインなどでテイストを演出できます。

スポットライトやペンダントライトなどの間接照明で、光の量を調整するのもおすすめ。おしゃれで雰囲気のよい空間になります。

間取りを工夫する

モダンテイストの要は、いかにスタイリッシュな空間をつくりだせるかということ。間取りも重要です。

平屋はどうしても空間がコンパクトに見えてしまいます。

吹き抜け天井をつくれば、開放感あふれる室内に。高い位置に窓をつけることやシーリングファンを設置することで、風の通りがよい空間をつくれます。

スッキリとしたモダンテイストにしたいなら、空間を分けるのに壁や仕切をなるべく少なくしましょう。

壁や仕切は、どうしても圧迫感ができてしまうため室内が広く見えるのです。

インテリアの工夫

リビング、ダイニングや玄関などのインテリアに工夫をするとさらにおしゃれモダンな平屋になります。

カーテンや家具、ファブリックなどおしゃれアイテムでコーディネーとしましょう。

色味は、統一感を持たせるとよいですよ。内装に合わせて、使用するカラーは3色以内にしましょう。

モダンな平屋は、均整の取れた美しさが大切です。素材感もテイストに合わせて統一するのがおすすめです。

中庭をつくる

平屋をモダンにするには、中心に中庭をつくるのもおすすめです。

中庭を設けると、採光や風通しもよくなるだけではなく、外構を景色として取り込みやすく眺めがよくなります。

中庭の床と室内の床をフラットに繋げれば、室内と中庭がつながっているようにみえるので、奥行きのある空間をつくれます。

中庭は、趣味を楽しんだり、テーブルとチェアを置いてカフェテラスのようにしたりとさまざまな使い方ができます。

植栽をすれば、部屋の中から自然を感じることができ、心地よい暮らしが実現できますよ。

吹き抜けをつくる

平屋の吹き抜けとは、1階の天井と二階部分の天井がつながっている空間のことです。

最近の平屋では勾配天井にして吹き抜けをつくるのが人気。

天井が高くなることで、家の中が開放感にあふれます。外観もスタイリッシュに。

高い位置に窓をつければ、日当たりもよくなります。

見せる梁を設置すれば、家の中がまるでカフェのようにおしゃれな空間になりますよ。

直線的なデザインにする

モダンとは、直線的な形状を基調としたデザインのことです。

外観や内装は、直線的なイメージに設計するとよりモダンに仕上がります。

シャープでシンプルな直線を多用することで、無駄をはぶいたスタイリッシュな雰囲気に。

家全体をモダンにするには、直線的な形状のデザインは必須です。

モデルハウスやカタログ、ハウスメーカーのサイトなどから、デザインイメージを固めていきましょう。

おしゃれでモダンな平屋の施工事例

おしゃれでモダンな平屋を実現されたお住まいをご紹介します。

それぞれの新築住宅に、こだわりがたっぷりつまっています。

モダンテイストの雰囲気はもちろん、スペースを効率的に使われているのもおすすめポイントです。

施工事例を参考に、実現したい平屋のイメージを膨らませられるはずです。

自然に溶け込むモダンな平屋

自然の中、アウトドアを楽しみながら平屋で暮らしたいというご夫婦が、富士宮の自然あふれる場所に建てたお宅です。

駐車場を広く取り、リビングの前は畑、ご自宅のまわりにはぐるっと林が広がります。

富士山が背後にそびえる素敵なロケーションの中で、心地よい暮らしを実現されています。

玄関に入るとパントリーまで一直線で、シックにまとめたカウンター月のキッチンは、来客がたくさん来ても対応できるつくりに。

クローゼットも広々としていて、外にも収納部屋と、雨の時でも自転車やバイクを置いて置ける軒のある空間が広がります。

「友人とウッドデッキ、庭、リビングでバーベキューをした後、そのままキャンプをしたい」とご主人がおっしゃられます。

自然の中で、快適な住まいを楽しめる施工実例です。

[仕様] グリーン化事業(長寿命)

延床面積:95.02㎡(28.71坪)

UA値:0.41 C値:0.49

屋根:ガルバリウム剛葺き

軒裏:ケイカル塗装板

外壁:ガルバリウム剛板

床:1階_アカシアフローリング

玄関ドア:リクシルグランデルII

サッシ:サーモスX

ひのきの板張り|ナチュラルモダンな平屋

約50坪の分譲地でありながら、太陽光発電をしてルームエアコン1台で、一年中快適な温度で過ごせる「ゼロエネルギーハウス」の平屋を実現されました。

4人家族でも満足して暮らせる仕掛けが満載で、リビングの一部をロールスクリーンで仕切ることができたり、13畳という広々とした小屋裏があったりと収納もしっかりと取っています。

リビングにある1台のエアコンで、子供部屋から脱衣所まで快適な室内を保つ、高気密高断熱で省エネルギーの平屋。

心にも体にも優しい木の家の完成です。

[仕様]

延床面積:86.95㎡(約26.25坪)

UA値(外皮平均熱貫流率)0.40W/㎡K

屋根:ガルバリウム剛板

外壁:ガルバリウム剛板+富士ひのき板張り

床:アカシアフローリング

サッシ:断熱サッシLOW_Eペアガラス

空間の落ち着きにこだわったおしゃれな平屋

家を建てるのだから、「最後まで気に入って暮らせるように」「細部までこだわって建てたい」という希望を実現された注文住宅実例です。

日々の二酸化炭素排出量をおさえながら、環境に優しい平屋住宅です。

ご夫婦自らが仕上げ塗装をした「ポーターズペイント」の壁、床は幅広のオーク材を使用しています。

ウッドデッキは耐久性のある「セランカンバツ」を採用と、さまざまなサンプルを確認しプランニングしました。

スイッチやコンセントにまで統一感があり、空間の落ち着きにはこだわりがあります。

時間が経つほどに、まるでアンティークのように味わい深くなっていく。そんな平屋が完成しました。

[仕様]

延床面積:113.65㎡(34.37坪)

UA値:0.35   C値:0.15㎠/㎡

屋根:ガルバリウム剛板(タテハゼ葺き)

外壁:ガルバリウム剛板+そとん壁

床:富士ひのき+ソリッドオーク エコジョーズ+澄家(24時間換気)

サッシ:サーモスX ペアガラス トリプルガラスダブルLOW-E(アルゴンガス入り)

おしゃれでモダンな平屋で快適な暮らしを|まとめ

デザイン性にすぐれたモダンな平屋をご紹介しました。

平屋は、デザインはもちろん工夫をすることで生活動線がしっかり確保されるのも魅力です。自然の中に溶け込むような間取りにできるのも、ワンフロアならではではないでしょうか。

構造的にも自由にできる場所が多い平屋なので、自分のこだわりをとことん追求し、将来も含めたライフスタイルに合わせた家づくりを実現できます。

メリットが多い平屋ですが、デメリットもあります。とくに防犯面については、工務店に相談しながら慎重に決めていきましょう。

よりよい新築住宅を実現させるためには、施工会社のホームページで無料のカタログや資料請求がおすすめ。

モデルハウスやショールーム、地域エリアのイベントを探して足を運んでみるのもよいですよ。

施工店舗のブログやコラムも情報の収集に役立ちます。実績のある信頼できる施工会社を見つけることも大切です。

不明な点は気軽に施工会社に問合せしましょう。

この記事を参考に、おしゃれでモダンなマイホームを実現していただけたらうれしいです。

著者情報

寺﨑幸治

空間工房LOHAS代表。「富士山のエネルギーを紡いだ木を活かし、家族の思い出を畳みこんで、住めば住むほど心身共に 健康になり子の代まで価値ある資産として住み継いで行ける、自然素材の家づくり」を平成17年から続けている。2022年現在建てた住宅は200棟以上。 輸入には頼らず、静岡県富士市にあり、地産地消で森を守りながら次世代まで永く住みつなぐ家を造る。

望月広巳

営業部部長。実際に家を建てる方が「暮らしを愉しむ」ために理想の暮らしをヒアリングしながら、個性やライフスタイルに合わせた設計の提案が得意です。自身でも普段の生活で日本酒やお料理、子育てを愉しむことを通してお客様に合ったプランをご提案できるように努めています。

 空間工房LOHASでは静岡・富士山嶺の気候風土を生かし、富士ひのきや天然素材にこだわった高性能で自然環境や住まう人に優しい家創りをしている工務店です。

また、世界基準の省エネ住宅「パッシブハウス」の賛助会員工務店として、静岡県東部で初のパッシブハウス認定住宅も建築しております。

パッシブハウス

施工事例はこちら→自然の中の平屋の家in富士宮

エアコン一台で一年中。平屋のゼロエネルギーハウス

低炭素認定住宅の平屋in富士市

静岡県で、省エネ性能の高いパッシブハウスをお考えなら、空間工房LOHASにぜひご相談ください。

■直接いらっしゃらなくても、ZOOMでのオンライン家造りも可能です。気軽に家造りの進め方や、移住者支援の補償のこと。

土地選びまでご相談にのっています。→ ご予約はこちら

■ 何かお家のことで質問があれば、お気軽にLINEでご質問ください→ こちら

■ ロハスのYouTubeチャンネル「輝く暮らしの舞台作りCH」では、 家づくりで後悔しないための情報や新築ルームツアーをUPしています→ こちら チャンネル登録よろしくお願いします!

– 富士市富士宮市で住むほどに健康になる注文住宅・木の家をつくる工務店 空間工房LOHAS(ロハス)

静岡県富士市荒田島町8-16
TEL:0545-57-5571
FAX:0545-57-5576
Email:lohas@kobo-lohas.com
HP:https://www.kobo-lohas.jp

家を建ててからかかるお金で、 後から後悔しない為に、最初に知っておいて欲しい事をまとめました。 お読みでない方はこちらからご覧いただけます↓ 

今までで200棟住宅を建築してきたLOHAS社長の寺﨑が 「良い家造り」のために知っておくと必ず役に立つ話。 こちらから読んでみる↓ 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 空間工房LOHAS , 2024 All Rights Reserved.