富士市の工務店「空間工房LOHAS」は住むほどに健康になる木の家を注文住宅でご提案しています。静岡でパッシブハウスを建てたい、高気密高断熱と心地よい家をご検討の方はモデルルームがある弊社までご来場ください。

高気密高断熱の家は気持ち悪い?後悔しないための対策や注文住宅の息苦しい・カビが増えるなどの疑問に富士市の工務店がQ&Aで回答・解説!

WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -

家づくりを考える中で、候補に上がるのが「高気密高断熱の家」ではないでしょうか。
冬は暖かく、夏は涼しいと評判の高気密高断熱の住宅ですが、中には「気持ち悪い」と感じる人もいるようです。

今回の記事では、高気密高断熱の家は本当に気持ち悪いのか?という疑問について解説します。

デメリットと言われている部分への回答や、高気密高断熱の家のメリットもご紹介。

一生に一度の大切なマイホーム、住んでみてから後悔しないよう、気になることは事前にきちんと確認しておきましょう。

高気密高断熱の家とは?

高気密高断熱の家、とは、高い「気密性」と「断熱性」を持つ家のことです。

  • 気密性:室内の空気が外に漏れることによる室内の温度変化を防ぐ
  • 断熱性:外の空気が入ることによる室内の温度変化を防ぐ

簡単に言えば、気密性と断熱性には以上のような特徴があります。

この、気密性と断熱性は、住宅に使用する窓やサッシ、屋根や壁・床などに利用する断熱材の性能によって効果が異なります。

高気密高断熱の家は、性能の高い気密性と断熱性を持つ家です。

高気密高断熱の家は快適な省エネ住宅

高気密高断熱の家が増えている背景には、電気代の高騰や政府が推し進めているカーボンニュートラルについての助成金などがあります。

高気密高断熱の家は冷暖房にかかる費用を抑えやすいため、家族単位でも省エネや自然にやさしい家づくりができる、という点が人気です。

大きな特徴としては、省エネ以外にも「冬暖かく、夏涼しい」という快適に直結する仕組みがあります。

【Q&A】高気密高断熱の家が気持ち悪い!は本当?

快適と省エネを得られる高気密高断熱の家ですが、ネットの口コミなどを見ると「後悔した」「気持ちが悪くなる」など、ネガティブなものも目立ちます。

高気密高断熱の家に興味を持つ人にとっては、どれも見過ごせないでしょう、

たしかに、高気密高断熱の家は、一般的な住宅を建てるよりも費用がかかることもあり、きちんと確かめてから建設を決めたい、と思う人が多いのは当然のことです。

以下では、高気密高断熱の家についての噂をQ&A方式で回答します。

  • 高気密高断熱の家は息苦しい?
  • ローコストの高気密高断熱の家は後悔する?
  • 高気密高断熱の家は酸欠になる?
  • 高気密高断熱ならカビが増えるのでは?
  • 高気密高断熱なのに寒い・暑いのはなぜ?
  • 高気密高断熱の家は必要ないって言われたけど

Q:高気密高断熱の家は息苦しい?

A:十分な換気が行われれば息苦しくはない

口コミで多いのが「高気密高断熱の家は息苦しく感じる」というものです。

実際に気密性が高い住宅は、一般的な住宅に比べると密閉度が高く、息苦しく感じやすいかもしれません。

しかし、十分な換気が行われれば息苦しさはなくなります。

息苦しくない高気密高断熱の家を建てるには「換気」についてよく検討するのがポイントです。

  • メンテナンスがしやすいフィルターを選ぶ
  • 性能の高い換気システムを選ぶ
  • 換気の重要性を知っておく

家の中は、人の呼吸で発生する二酸化炭素や衣類やファブリック類から発生するホコリ、化学物質などで汚れています。

しかし、換気がしっかりとできる仕組みの高気密高断熱の家であれば、息苦しさを感じることはありません。

Q:ローコストの高気密高断熱の家は後悔する?

A:後悔する可能性が高い

高気密高断熱の家の特徴として「費用が高い」というものがあります。たしかに、一般的な住宅に比べると、初期費用は高いのが現状です。

しかし、中にはローコストで建てられる高気密高断熱の家もあります。しかし、高気密高断熱の家は、導入する換気システムの良し悪しや、使用する断熱材の厚みなどによって快適性が大きく異なるものです。

ローコストで建てられる高気密高断熱の家は、必要な部分でコストカットをしている可能背が否定できず、結果として後悔する可能性は高くなるでしょう。

Q:高気密高断熱の家は酸欠になる?

A:実際に酸欠にはならない

高気密高断熱の家では、十分な酸素が得られず酸欠になるのではないか?と心配する声もあります。

しかし、高気密高断熱の家で酸欠になることはありません。

  • 息苦しい
  • 酸欠になる気がする

これらの不快感は、先にもお伝えしたように「換気」が十分にできていれば解消できるものです。さらには、換気がしっかりとできることで、一般的な住宅よりも快適性は高くなります。

Q:高気密高断熱ならカビが増えるのでは?

A:カビの発生を最低限に抑えられる

気密性が高い、断熱性が高い、と聞くと「カビが多く発生するのでは?」と考える人も多いでしょう。実際に、温度差で発生する湿気が原因となり、結露を経て雑菌と混ざりカビになります。

しかし、高気密高断熱の家には、カビの発生を最低限に抑えるという特徴も。

なぜなら、断熱性の高いサッシや窓によって外気の影響を受けにくく、すきまが少ないため外気が侵入しにくいためです。さらには、換気システムにより空気が滞留しないため、カビの原因となる湿気が抑えられます。

Q:高気密高断熱なのに寒い・暑いのはなぜ?

A:気密性や断熱性のレベルによる

快適性を求めて高気密高断熱の家を検討している人にとっては、高気密高断熱の家なのに「寒い・暑い」という口コミは気になるところですよね。

気密性や断熱性が高い、高気密高断熱の家であれば冬は暖かく、夏は涼しい家になります。

高気密高断熱と言っても、その形はひとつではありません。建設を行う工務店の技術やノウハウによって、寒さや暑さは大きく異なります。

Q:高気密高断熱の家は必要ないって言われたけど…

A:現状の住宅で快適に過ごせないのであれば必要

高気密高断熱の家自体が必要ない、という意見もあるようです。
実際に、現時点で高気密高断熱の家で過ごせている以上、必要ないのではないか?と考える人が一定数存在するのも当然でしょう。

しかし、地球温暖化の影響か、近年の日本では異常気象が相次いでいます。数十年前に比べると、極端に暑くなった・寒くなった、という地域は珍しくありません。

これから先、家族が今以上に快適で安心して長く暮らす家を建てるのであれば、高気密高断熱の家をおすすめします。

高気密高断熱の家のメリット

高気密高断熱の家には、さまざまなメリットがあります。

  • 冬は暖かく、夏は涼しい家になる
  • 換気システムによってカビの発生を抑えられる
  • 害虫が侵入する可能性を低くできる
  • ヒートショックが起こりにくい
  • 生活音の遮断ができる
  • 資産としての高い価値を保てる
  • 高い気密性と断熱性で光熱費が安くなる
  • 補助金で費用を削減できる可能性がある

どのメリットも、快適な住まいとして欠かせないものばかり。

日々の小さな我慢も、月日を重ねると大きなストレスになります。
大切な家族が元気に楽しく過ごすためにも、快適につながるメリットは大切にしたいですね。

高気密高断熱の家で後悔しないポイント

高気密高断熱の家に興味はあるけれど、やっぱり後悔しそうで不安!という人は少なくありません。

そこで、高気密高断熱の家を建てる際に注目しておきたい「後悔しないポイント」をご紹介します。

窓や断熱材は高性能の物を選ぶ

高気密高断熱の家では、窓や断熱材に高性能の物を選びましょう。

先にもお伝えした通り、コストカットをするほどに高気密高断熱の効果は失われていきます。

後悔せず、建てて良かった、と思える家にするためにはある程度の初期投資が必要です。

明るい家にしたい場合は窓を大きくする

高気密高断熱の家でも、室内を明るい家にすることはできます。
明るく開放的な家にしたい場合は、窓を大きくするのがおすすめです。

高気密高断熱の家に使われる窓は、小さな小窓ばかりではありません。たくさんの日差しや光を取り込める大きな窓を採用することもできますよ。

大きな庇を使って太陽のいいとこどりをする

家からはみ出した屋根の部分である「庇(ひさし)」を効果的に使う、高気密高断熱の家もおすすめです。

地形や土地の特徴によっては、庇を大きくしたり長くしたりすることで、効率の良い採光ができます。

夏は暑すぎず、冬はしっかりと太陽の熱を得られる、そんないいとこどりの家が目指せるのは魅力的ですね。

換気システムの必要性を理解して選択する

高気密高断熱の家では「換気」が最重要ポイント、と言っても過言ではありません。

工務店などで換気についての重要性をプロから説明してもらうと良いでしょう。

従来の住宅で換気と言えば、必要に応じて窓を開けたり、換気扇を回したり、ですよね。
しかし、高気密高断熱の家では換気システムの効率が良いほどに、快適な暮らしが送れます。

わからないことはきちんと工務店へ確認しておきましょう。

モデルハウスで高気密高断熱の家を体験する

実際に建てられている、高気密高断熱の家を体験してみるのもおすすめです。

工務店が所有しているモデルハウスや、説明会などで、実際の高気密高断熱住宅を体験できます。

自分や家族が高気密高断熱の家を体験することで、安心できる部分や、反対に気になる部分も出て来るかもしれません。

気になることは工務店へ質問するなどして、不安材料をひとつひとつ解消していきましょう。

高気密高断熱の家は技術のある工務店へ依頼する

高気密高断熱の家には、高品質の材質や、職人の技術、工務店のノウハウが必要である、とお伝えしてきました。

高気密高断熱の家を建てるのであれば、経験が豊富な信頼できる工務店への依頼をおすすめします。

高い費用を支払って建てる高気密高断熱の家に、少しでも不満や不安が残ると嫌ですよね。

事前にしっかりと相談をして、疑問を解決し、隅々までこだわったマイホームにしましょう。

【まとめ】「高気密高断熱の家が気持ち悪い」は性能でクリア

今回の記事では「高気密高断熱の家は気持ちが悪いのか?」という疑問について解説しました。

高気密高断熱の家といっても、その種類やレベルはさまざまです。ひとくくりに「高気密高断熱の家はダメ」と考えず、実際に体験をしながら考えを進めて行くのもおすすめ。

まずは、空間工房LOHASのモデルハウスへお越しください。
経験豊富なスタッフが、お客様の疑問にひとつひとつお答えします。

著者情報

望月広巳

営業部部長。実際に家を建てる方が「暮らしを愉しむ」ために理想の暮らしをヒアリングしながら、個性やライフスタイルに合わせた設計の提案が得意です。自身でも普段の生活で日本酒やお料理、子育てを愉しむことを通してお客様に合ったプランをご提案できるように努めています。

空間工房LOHASでは静岡・富士山嶺の気候風土を生かし、富士ひのきや天然素材にこだわった高性能で自然環境や住まう人に優しい家創りをしている工務店です。

また、世界基準の省エネ住宅「パッシブハウス」の賛助会員工務店として、静岡県東部で初のパッシブハウス認定住宅も建築しております。

パッシブハウス

施工事例はこちら→パッシブハウスin静岡,富士宮市

静岡県で、省エネ性能の高いパッシブハウスをお考えなら、空間工房LOHASにぜひご相談ください。

■直接いらっしゃらなくても、ZOOMでのオンライン家造りも可能です。気軽に家造りの進め方や、移住者支援の補償のこと。

土地選びまでご相談にのっています。→ ご予約はこちら

■ 何かお家のことで質問があれば、お気軽にLINEでご質問ください→ こちら

■ ロハスのYouTubeチャンネル「輝く暮らしの舞台作りCH」では、 家づくりで後悔しないための情報や新築ルームツアーをUPしています→ こちら チャンネル登録よろしくお願いします!

– 富士市富士宮市で住むほどに健康になる注文住宅・木の家をつくる工務店 空間工房LOHAS(ロハス)

静岡県富士市荒田島町8-16
TEL:0545-57-5571
FAX:0545-57-5576
Email:lohas@kobo-lohas.com
HP:https://www.kobo-lohas.jp

家を建ててからかかるお金で、 後から後悔しない為に、最初に知っておいて欲しい事をまとめました。 お読みでない方はこちらからご覧いただけます↓ 

今までで200棟住宅を建築してきたLOHAS社長の寺﨑が 「良い家造り」のために知っておくと必ず役に立つ話。 こちらから読んでみる↓ 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 空間工房LOHAS , 2024 All Rights Reserved.